女優の八千草薫(やちぐさ・かおる)さんが24日午前7時45分、膵臓(すいぞう)がんの
ため
亡くなられました。宝塚歌劇団の戦後1期生であり、57年に退団後は、映画・テレビドラマに数多く出演されました。永遠のマドンナとしてどんな役を演じても一貫して失われなかった清楚さが、見るものをひきつける彼女の魅力だったのではないでしょうか。

<関連する記事>

<関連する画像>




(出典 www.sanspo.com)

(出典 i.ytimg.com)

<関連する動画>



<ツイッターの反応>


シリウス
@Sirius_DQ

八千草薫さんが亡くなってしまったのも寂しいな。優しげな眼差しが素敵だなーと思ってて、あんな笑い皺のすてきなおばあちゃまになれたらいいなぁと、ぼんやり思ってたのだ。

2019-10-29 06:56:13

(出典 @Sirius_DQ)

下駄の親父
@getanooyazi0

親父の本音‼️八千草薫様の訃報で親父自身何れは棺桶に😑既にリタイヤ年齢から自ずと定年退職に‼️完璧仕事人間なのでリタイヤ後の暇な生活で体調管理や呆け対策を考えると不安感炸裂に⁉️多趣味なれど所詮趣味なので飽きるのでマジにマジポックリ棺桶に入り相方の介護回避させたい‼️

2019-10-29 06:54:39

(出典 @getanooyazi0)

NANA@感想
@nana_pochipochi

八千草薫が亡くなった。昨日の「やすらぎの郷」。やすらぎ体操第2の最後にはボルトのポーズをとる美しい彼女の姿。そしてナレでは劇中ドラマ「道」は壮年期パートになり演者を変える旨が。この主人公の妻役は病気がなければ彼女が演じる筈だった。この放送の直後の訃報とはなんたる縁か。合掌

2019-10-29 06:50:01

(出典 @nana_pochipochi)